カルチャー会社ホームページリニューアル2019

鈴木は企業のホームページのリニューアルを専門の仕事としてずっと関わっております。だからこそ!自分の会社のホームページリニューアルは腰が重くなります(苦笑)

10年で変わったホームページリニューアル

ホームページ作りという仕事も、テクノロジーの進化とともにこの10年で様変わりしました。PCの解像度の向上、スマホの普及で印刷物とかなり近いものになりました。あまり、UI/UXやインタラクションとかに知恵を絞らなくても、綺麗にページがめくれればそれでいいかな、と思います。

またAdobe関連のソフトやWordPress、それからSNSを初めとしていろんなツールが登場した。というかツールやクラウドサービスがもはや主流かもしれないとも思います。それはつまり、誰でも無料で、深く考えずともすぐ作れるものになったなーと思います。

プロへの要望も様変わり、自分でできるところは自分で。

企業とステークホルダーをつなぐコミュニケーションの基点として会社ホームページは相変わらず存在意義があります。そこにはやはり工夫のしどころがあり、破壊と創意工夫が必要でプロの仕事が必要なポイントにはなっています。 リニューアル委員会が組まれ、担当者達と膝をつき合わせて、企業ホームページのあるべき論を語り合いながら平均1年くらい時間をかけて作っていきます。

一方、デザインの奇抜さとか、リニューアルのためのコンセプト、とかそういうことは昔より影を潜めたかもしれないと最近思います。企業のありのままを落とし込み、顧客とのコミュニケーションに機能することを目指しています。

営業、広報、カスタマーサポートとして機能するホームページを目指すために 自社ホームページをなるべく担当者が自分でずっと更新できるような作りにします。

なので、自分の会社であるカルチャーのホームページは、無料で使えるツールでデザイナーの手を借りず、自分で苦労しながら作る、というコンセプト(?)でここ数年やっています。(笑)これがまた大変で、企業担当者の気持ちを理解するのに大変役立ちます。

カルチャーホームページは誰のために?

もの凄い狭い領域、且つ知人からの紹介でしか仕事をしていないカルチャー&鈴木啓央のホームページは、ブログで生きてますという近況を伝える以外に何の意味があるのか?が今回の問いでした。そして気づいたのです。カルチャーホームページを必要としている人を!

それは、カルチャーを上司や購買部に紹介しなければならない担当者でした。

こんな謎の、ホームページを見ても何も分からない、そもそもアニメやマンガと企業とよく分からない人に仕事を頼む担当者の気持ちになって考えました。その結論はAbout Usを早めに出して、すぐ押せるようにする!でした。購買部の人はブログは読まずにAbout Usを見て、ちゃんとしてそうな会社だな、と思ってくれればいいなと思っています。 2019/02/16