スプラッター、ホラー、B級。《グラインドハウス》方式で送る刺激に満ちた映像の祭典、第二弾!

《グラインドハウス》とは?
かつてアメリカでスプラッター、ホラー、B級映画を2、3本立てで上映していた映画館のこと。2007年には、クエンティン・タランティーノ、ロバート・ロドリゲスらにより当時の雰囲気を再現した映画『グラインドハウス』が公開された。東京に〈グラインドハウス〉が存在していたら?をコンセプトにグラインドハウスを東京に再現!

第二弾となる今作は、大人気ホラーDVDシリーズ「心霊パンデミック」を手掛ける二人の若手ホラー監督、“佐々木勝己”、「ニクノクニ」で学生残酷映画祭審査員特別賞&HIGH BURN VIDEO賞を受賞、「すてきないちにち」が叛逆映画祭で上映、「ソムリエ」で渋谷ミクロ映画祭特別審査員賞&最優秀投票賞受賞など数々の受賞歴を誇る“死の原惨太郎”監督による作品を上映。

グラインドハウスではお馴染み、作品の間に登場する「予告編」や、B級感満載の「オリジナルポスター」も再現!映画ファンはもちろんのこと、誰もがディープに楽しめる要素が満載。脳天直撃、爆音上映でこの衝撃を見逃すな!
<プロデュース/唐澤一路>

『TOKYO GRINDHOUSE vol.2』
日時:2018年 11月20日(火) 19:45 開場/20:00 開演/22:00 終演
監督:佐々木勝己、死の原惨太郎、ほか
料金:1,800円 (自由席・1ドリンク代込) ※途中入退場可
主催:エムズ・カンティーナ
企画:東京ネットラジオ『唐澤一路の「ラジオ始めたんだが⁉」』
協力: moment

予約&お問合せ:「エムズ・カンティーナ」03-6450-8111 (24h留守電対応)
予約フォーム: https://ws.formzu.net/fgen/S13353355/