テラホラーを開催した妙泉寺と共同で、新しい映画祭を企画しています。

題して、「供養映画祭」。

映像作品を制作していく過程で…
撮影中のトラブルによって完成出来なかった。
諸事情により上映ができなかった。

ある理由により上映の機会を逃した。
こんなに面白いのに、世間が認めてくれなくて映画祭に落選し続けている。

そんな作品を集め、上映と共に制作者にその思いも存分に述べてもらう。
制作者の中にあるモヤモヤやマイナスな心情もすべて吐き出してもらいながら妙泉寺の大きなスクリーンで上映すれば、
すっきりするんじゃないか?
そういう思いからこの映画祭を企画しました。

一般的な映画祭の真逆の発想の映画祭になりますね(笑)

これまで多くの映像制作に関わらせていただいたなか、うまくいかなくなった作品もやっぱり沢山あったし、
もやもやが残って監督やスタッフ、出演者の士気が下がってしまったという経験も何度もしている。

今回は映画祭と言いながら、基本的に応募作品はすべて上映しようと思っています。
順位をつけるわけでも、賞を与えるわけでもなく、ただ人に「見てもらう」。
人に「見てもらえること」が何よりも映像作品に対する敬意であり供養なんじゃないかと僕は思っています。
供養して気持ちの中で一区切りつけ、新たな気持ちで次の作品にとりかかってもらえたら…

開催は今度の冬を予定。
詳細は、決まり次第お伝えします。

ご応募お持ちしております。

神奈川県海老名市妙泉寺
https://sites.google.com/site/myosenji1626/home?authuser=0

「供養映画祭」プロデューサー
唐澤一路