※写真はGANTZ:techより http://gantzx.jp/next/0818_01/

バーチャルYouTuberが隆盛を極めていますが、動画やイベントを舞台としたCGアニメキャラクターをリアルタイムに楽しむエンターテイメントのテクノロジーの時代と捉えこれからの企画を準備しています。

なんか昔、そんなことをやっていたような・・・
と思い出しすごい懐かしい動画をあげてみた。

2012年(もう6年も前)TV東京の「ドリームクリエイター」というニコ生&テレビ番組に、声で遊ぶコミュニティ「こえ部」の鈴木Pとして出演していたときに「百枝りのん」ちゃんというバーチャルアイドルをプロデュースし且つ生放送に何度か出演してもらっていた。青二プロダクションからデビューした2.5次元声優「百枝りのん」りのんちゃんプロジェクトは凍結されてしまったが、中の人も気づけばもう有名声優さんになられて。。。すばらしい!!

その後この技術はローソン「あきこロイドちゃん」の生放送に活用し、ヒャダインさんと下野紘さんと共演を果たした。

キャラクターが合成されているかどうかよりも、リアルタイムの会話の妙、とかそういう生感が実際はエンタメなんだな、とこういった仕事を通じ、その後YouTuberやバーチャルYouTuberのヒットを見て非常に納得している。

もう少しリアルで面白い事は出来ないか?をGANTZで追求

と追求した結果GANTZ:Oの映画イベント「GANTZ:tech」を2016年8月に渋谷で開催。ここでは、球体のLEDディスプレイを用意しバーチャルな奥浩哉先生を文字通り転送。先生は職場にいながらイベントに生で登壇するということを実施できて非常にワクワクする仕上がりだった。
http://gantzx.jp/next/0818_01/

※バーチャル奥くん と現場では呼ばれていた笑

新たなリアルタイムコミュニケーションを仕掛ける。

そしてなぜこんな記事をまとめているか?といえば新たなことを仕掛けて行くからであります。
ご興味ある方は鈴木まで御連絡ください!
https://cultr.jp/contact/